FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑い食い倒れの能登半島’2014~FINAL~

 皆様こんにちは、娘です。
 前回に引き続き、父の古希祝旅行ファイナルですよ!本当にここまでお付き合いくださりありがとうございます!

 百楽荘さんの朝食会場で偶然遊覧船を見かけまして、お子様達が乗ってみたい!というので乗り場を聞いて乗ってきました!
 
遊覧船

私たちの前にこの遊覧船に乗った女性グループがいたんですが、「楽しかったですよ~」 と笑顔でおっしゃってたので、わくわくしながら乗船。
船内で下に下りる階段を発見して、降りようとすると船の運転手さんに『下に下りるときは案内しますので、お待ちください。』といわれる自由奔放な一家。。。

魚いないじゃない。

 下に降りて海の中をみるけど、お魚いないんですよ。クラゲばっかりと思った矢先、魚影発見!はしゃぐ家族。
上では船の運転手さんが魚を呼ぶためにイカをまいてました。朝食会場でかもめに魚の骨をあげるのが予想以上に楽しかったせいか、あげたがる家族に運転手さんイカの入ったバケツごとくれました。
もちろん家族全員でエサをまきまくってきました。

 朝食会場

 遊覧船からみた朝食会場(上の写真)。
かもめにえさをやるのがあんなに楽しいとは思わなかったなぁ。。。

蓬莱島

 九十九湾を代表する蓬莱島。
あいにくの天気で青空じゃないけど、曇って涼しくて快適な遊覧でした。暑かったらちょっと大変だったかも。

 次に向かったのは能登半島の七尾市にある。

ケーキ屋さん。

LE MUSSE DE H(ル ミュゼドゥ アッシュ)。直訳するとおフランス語で『Hの美術館』という意味らしいです。
おそらくパティシエの辻口博啓氏の下の名前のひろゆきのHから抜粋したんですかね?

ケーキたち

 味はですね。。。すいません。単純な感覚で生きている私には表現しにくいというか、一つにケーキにいろんな味(ベリー系のケーキにショウガ風味のビスキュイ?とか)があるので美味しいのかそうでないのかというのと、いろんな味が混ざりすぎて、印象に残ってない。と言っておきます。辻口さんの鋭才な味覚は私たち凡人には理解できなかったのでしょうねぇ。すいません。

 あ、シュークリームとロールケーキとカフェオレは美味しかったです。結局はシンプルなものが一番いいのかも。


 最後に宿泊したのが山代温泉みどりの宿 萬松閣でした。
無言

 食事会場が30人くらい入りそうな宴会会場に一家族(つまりうちだけ)という贅沢な使い方なんですが、部屋からこの会場まで行くのと、浴場まで行くエレベーターが別々だし、部屋に戻るときも迷路のような長い廊下を歩くのでちょっと怖かったです。

ラスト旅館ご飯

 また、うちの家族10人に対して仲居さん一人で対応するので食べるのが早いせっかち一家、料理の出るスピード追いつかず、結構待ってました。大変だったでしょうねぇ。

 今思えば、仲居さん相当あわててたんでしょう。

ライチ事件

 食物アレルギーに対しても好き嫌い扱いされたり、こちらの宿で出されたデザートの中に入ってる赤い果物を見た長女の子が仲居さんに何気なく『これってライチですか?』 と質問したところ、仲居さんすぐに
『はい。ライチです!』と即答。

 これを聞いた長女の旦那様が『ライチって皮むかないと食べられないものじゃないですか?』と突っ込みをいれても仲居さん、
『こちらのライチは皮をむかなくても大丈夫です!』とまた即答。

 長女の旦那さんはこういうのを聞くといろいろ小ネタをつぶやくんですよ。


『山代温泉ではこれをライチといいます。』とか
『このライチは丸ごと食べられます。』とか、ぽそっとつぶやくんですよ。


これを聞いてる私たちは仲居さんに気を使って笑わないようにしてたのに、パパンが一言。

『これはどう見てもヤマモモだろ!?』

 それでも仲居さんはライチと言い張ったまま退場。その瞬間、家族で大爆笑しました。
仲居さんも長女の子の質問に『いえ、ヤマモモですよ。』と答えたつもりが『ライチ』って答えたばっかりに引っ込みがつかなくなったんでしょうなぁ。

こうやって文章にするとあまり面白くないですね。あの時はものすごくお腹を抱えて笑ったのに???いいまつがいに対する笑いの言霊ってすごいんですね。

 以上で今回の旅は終了です。家族全員で本当によく笑って食べました。

 皆様、最後までお付き合いくださり、本当にありがとうございました。また続きを読むにもちょっこっとオマケがあります。もしよかったらどうぞ~。
 ここまでお付き合いくださり、ありがとうございます!

 ここでは娘が気に入ったけど、ママンのブログではちょっと関係ないものをちょっこと載せてます。もしよかったらご覧ください。

 遊覧船乗り場にあったいけすを覗き込む女性陣。みんなエサあげをしたい衝動にかられてます。

覗き込み

 余談ですが、こちらの遊覧船乗り場の待合室に大きいミドリガメが2匹いたんですが、ママンと長女の旦那がそばにあったエサをあげて遊んでました。どんだけエサやりが好きな一家なんでしょう。。。

 遊覧船内にて。

景色を眺めるママン

 景色を撮影するママンと四女。後ろのカップル(☆マークついてる)が偶然一緒に乗船して騒がしい中でも必死に二人の世界を作ってました。すまないねぇ。。。

これでパパンの古希祝旅行終了です。本当にお付き合いくださり、ありがとうございました。それでは!


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。