FC2ブログ

初秋の山陰と食い倒れツアー2013 vol.1

 皆様こんにちは、娘です(おぉ!このフレーズ久しぶり)。

 今回、連休を挟んだ9/20~9/24にママンがお友達と旅行に行くというので、(父と私は)荷物持ちとして便乗してきました!
 沖縄から山陰ルートを旅行するには、福岡空港→(地下鉄)→博多駅→(新幹線)→新山口駅(旧・小郡駅?)→レンタカーが最短ルートです。と言われたそうで、調べてみると確かに飛行機はあるけど毎日は飛んでない…というわけで、ほぼ移動ばかりのきついイメージがあったんですが、すごく楽しかったので久しぶりにアップしていこうと思います。

 長々とつまらない文章が続きましたが、これから本編です。どうぞ~。

 一日目(2013/9/20)

 新山口駅でレンタカーを借りて最初に向かったのは秋芳洞
 平日なので、町営の駐車場もお土産屋さんも閑古鳥が鳴いてる状態。。。その中で元気に手を振って誘導するおばちゃんがいたので、そこに駐車させてもらいました。暑い中(この日の気温、31度くらい?)お疲れ様です。

秋芳洞入り口

 私、人生2度目の秋芳洞(前回の記事・2009.12.11の参照)。 
でも鍾乳洞に入るのは初めてとはしゃいでおりましたが、姉の証言だと小さい頃に祖父母に連れてきてもらってるらしいです。記憶がない。。。

秋芳洞入り口2

 正面入り口。この写真の角度がすごく涼しい風がきます!これより一歩進むとえらく蒸し暑く感じます。んで一歩下がると涼しい!これを繰り返し楽しんで進まない娘。ママンたちはさきに進んでました。

秋芳洞入り口(中)

 鍾乳洞内は暗くてひんやり、しっとり。。。

ふぁんたすてぃっく!

 外は30度以上、中は一年中17度に保たれてるそうです。避暑地ですよ!

有名どころ

 入った瞬間、私ここに住みたい!と叫ぶくらい涼しかった。


 今回は1日目とあって張り切って写真を撮りまくってますので、続きがあります。どうぞ~。
 ここまでお付き合いくださり、ありがとうございます!

 涼しい鍾乳洞内の距離もわからずにスタスタ歩くメンバーに対し、

先に行く人たち

 幻想的な鍾乳洞ばかり撮影してママン達を撮影してないことに気がつき、この写真のあと慌てて呼び止め、撮影しましたところ。。。

旅行メンバー

 やっぱり、暗かった。。。修正したけど、失敗しました。すいません。

 ちなみに今回の写真すべてフラッシュたいてないんですよ!鍾乳洞内の明かりになれてるところにいきなりフラッシュたくと目がチカチカして歩けなくなったり、気分が悪くなったら怖いし、デリケートな年齢の方ばかりなので。。。(失礼!)

 このあと、鍾乳洞内の歩行距離が普段歩かないメンバー数名(私を含む)の足に大打撃!


 最初は涼しくてほどよい湿気を感じてましたが、歩いているうちにゆるやかな坂と階段の勾配に湿気がきつく感じ始め、途中にエスカレータがあったらしいんですがせっかく来たからと欲を出して見学したら、ハンパない階段が続き、大変な目にあいました。

 前回観光したときに、外気温一ケタ台で食べた夏みかんソフトクリーム梨ソフトクリームを今回はおいしくいただける気温だと踏んで楽しみにしてたんですが、私達が出てきたさきには、売ってませんでした

入り口には売ってたので、帰りにもあると思ってたんですが。。。甘かった。

私達が入った入り口と出た出口は1km以上あるので、タクシーに乗って戻ってきました。
秋芳洞って長いんですね。。。

  
 さて、今回はここまでです。一日目でみんな元気だったのでもう一ヶ所行ってきましたが、これもママンたちがあまり写ってない。。。 

NEXT

 久しぶりのブログなので文章が長くてすいません。上の写真は次のヒントです。それでは!
スポンサーサイト