10月26日の出来事。

 皆様こんにちは、娘です。 
 ちょっと早めでしたが、週末にママンの父(私からすると祖父)の一周忌が執り行われました。(くわしくはコチラ→)。

祖父の一周忌

 正確に言うと10月29日でちょうど一年ですが、土日のほうが皆さん集まりやすいだろうということでこの日にしました。

祖父の一周忌1

一年って早いですね。。。
スポンサーサイト

ママンと砂の国。

 皆様こんにちは、娘です。
 先月の9月21日~24日までママン、同友会で鳥取に行って楽しかった新鮮だったらしく、ブログに載せてくれと珍しく本人からの要望がありまして、写真のデータをママンのipadからもらったんですよ!
結構いろんな写真のデータがありまして、もしかしてママンはパソコンとかにデータをバックアップとかしてないのでは??という不安は置いといて、紹介していきたいと思います。


砂の美術館
 
 米子の同友会のメンバーの方に連れて行っていただいた砂の美術館
 ママンの話しによりますと、こちらの美術館の砂はいったん水でぬらして数日間置いておくと石の様に硬くなるので、それを彫って作られてるそうです。

 砂の美術館では砂で世界紀行というタイトルで定期的に各国の彫刻家の方をお呼びしてその国のイメージのものを砂で作るそうです。今回はお隣の国・ロシア!

砂の美術館 エカチェリーナⅡ世  

ロシアの女王で名前だけはしってるエカチェリーナⅡ世(日本ではエカテリーナさんですが、ロシア語ではエカチェリーナらしいです)。
 写真でもこのクオリティーの高さはびっくり!

 以前、見た千里浜ドライブウェイのゴジラさん。。。

砂のゴジラ

 比べたらいけないけど、クオリティーが違いすぎる。きっと砂の品質が違うからでしょう!

 話しを戻しまして、ママン本人は忘れていると思いますが、この砂の美術館の話しのときに、『今回ロシアだったの!すごかったのこれが・・・』と写真を見せながら話しているときに

『クレムリンはあった?』と質問したんですよ、そしたら
『そんなのなかったわよ』といった次の写真(下の写真です)が、

砂の美術館2

ママンとクレムリンのツーショット!

『あるじゃん。これがクレムリンだよ、お母さん。クレムリンは国会議事堂だよ?ないわけないじゃん』
『本当に?あっ、あったわ』

 というちょっと不安になるような会話がありました。
もしかしてママン、12時すぎにえさを与えてはいけない生き物を想像したんでしょうか?違いますよ!

鳥取砂丘

 鳥取砂丘でラクダに乗らずにこの写真で終わりでした。なんでラクダに乗らなかったのか聞いたところ
『日差しが強くて暑かったから。』って言われました。

とても楽しい所だったらしく、目をキラキラさせて話していました。鳥取の皆様、本当にありがとうございました!
またいつか家族で行く予定を立てたいとおもいます。それでは!