飛騨・高山の旅’3

 皆様、こんにちは。前回に続き、引っ張りますが今回で最後ですので、どうぞお付き合いください。

古い町並み
 26日はこの写真の前に朝市に行ってきたのですが、写真を撮るヒマがないまま次の古い町並みというところへ…。

 続いて高山ラーメンを食べて向かった先は
高山祭屋台会館1
 高山祭屋台会館という高山祭(春と秋に行われる)に実際に使用されている屋台(私は間違って山車と呼んでましたがこちらでは屋台という呼び名でした)。 

 写真で見ると、わかりにくいですがいろいろなところに玄武など、伝説上の生き物を和紙で作成していたり、とても細かくてきらびやかでけど、嫌味のない豪華さでした。

高山祭屋台会館2
屋台と山車の違いは造り方から違うらしいですが、難しい用語がおおくて頭のよろしくない私にはちと説明できないので、皆様で調べてみてください(他力本願)。

縮小東照宮
 そして、こちらが桜山日光館高山祭屋台会館のお隣にあるのですが、昔の大工さんが数十年の歳月を掛けて東照宮の1/10スケールの模型を作って、東照宮の修復の資料として使ったそうです。
 さすが物づくり大国・日本です。日本の職人さんはすごいです。

眠り猫
 東照宮で有名な左甚五郎作の眠り猫の複製品。これはどこにあるかは行ったことがある方ならわかると思います。もし、行く機会がある方は探してみてくださいね。

 私は気がつかず、母に教えてもらって撮影しました。なんでも左甚五郎はここ、飛騨・高山出身ということで桜山日光館にあるのだとか…。

~おまけ画像~
さるぼぼ
ホテルにいたビックさるぼぼです。子供の頃、小さいのをお土産でもらった記憶があったのですが、ここが出身地だったんですね。今では風水を利用していろんな色のさるぼぼに出会えます☆

子猫
白川郷にいた人懐っこい子猫。観光客のリュックに興味津々で手(前脚?)を出して遊ぶけど振り向いてもらえず。

 以上では今回の飛騨・高山の旅行話は終わりです。今回は1泊2日という駆け足だったので、写真を撮るヒマがあまりなかったのが残念でしたがとても楽しい旅でした!

 来週からは9月20日~22日に行ってきた社員旅行話です!
今年は本当にいろんなところに行かせていただいて、感謝です。それでは!

スポンサーサイト

飛騨・高山の旅’2

  皆様、こんにちは。前回に引き続き、旅のお話でございます。
くどいと思われますが、どうぞお付き合いくださいね。

 さて、ランチを食べた後
宗紙水
郡上八幡にある宗紙水という日本名水百選に選ばれたところへ移動。
このあたりから水が流れている音と涼しい風が流れてきてます。

撮影中☆
途中、母が何かを撮影しているのをこっそり盗撮
母のまわりで怪しいカメラを持った女がいたら間違いなく私です。えぇ。声を掛けないでください。

名水
 数メートル歩いただけですぐこんなキレイな水が流れてました。こちらの川の水は飲めます(撮影せずに飲みまくってました)。冷たくておいしかったです。
 

 つづきまして、世界遺産で有名な白川郷
白川郷
 個人的な話なんですが、私自身世界遺産という言葉にとても敏感に反応してここでも大興奮して、有名な合掌造りを撮影していると…

合掌造りと母とあじさい
母「ちょっと、このアングルいいんじゃない?ブログで使ったら?」
と言って、すでにスタンバイしてポーズをとって待ってくれてた母。ご協力ありがとうございます。でもこのブログは本来、母が書くものなのですよ。忘れているのかしら?

 写真にあじさいが写っていますが、白川郷に行ったのは8月25日です。普通は6月に見ごろを迎えるお花が8月に見れるのも驚きました。ちなみに沖縄ではあじさいは見れません。うまく咲くことができないみたいですね。

合掌柱
合掌造りの大黒柱の一部。家の中は全部黒いんです。これは囲炉裏の火でいぶされてなのですが、このおかげで虫くいがなく長持ちするそうです。昔の人ってすごい!

 この白川郷という場所は、本当に人々が生活してます。生活即観光なので、ちょっと村はずれに入ると、人が生活しているところが見れます。見ちゃいけないけど。
だから観光に行く側もルールを守らなきゃいけないこともたくさんありますし、白川郷の人たちも、常に観光という目にさらされて大変だと思います。

でもここは本当に日本の昔がそのままあるような感じがしてとても気持ちよかったです。天気も曇りで暑くもなく、寒くもなくて本当にいい観光日和でした。

~おまけ画像~
マンホール
白川郷のマンホール。さすがです。

次回までこの旅の話です。まだしばらくお付き合いくださいませ。それでは。




飛騨・高山の旅

 皆様、こんにちは。
 去る8月25~26日に祖母が大病手術からの快気祝いと、夏休みにどこにも行ってない妹と伯母の孫の思い出作りもかねて行ってきました!
メンバーは祖父・祖母・伯母(母の姉)・叔母(母の妹)・伯母の孫・妹・私の計8人です。
飛騨・高山へ!!

       ひるがのSAにて

 25日の飛騨・高山の天気予報は大雨ということでしたが、曇りでした。おかげさまで太陽の暑さでばてることなく楽しむことができました

 まず、最初に向かったのは
       工場

 中にはいると

       おいしそう~!
母:「うわぁ~食べたい~!」


 と眺めてつぶやく先には
       サンプルです。
カニですか…。母よ、どんだけカニ好きなんですかい。とつっこみたくなりますが、これ実は全部食品サンプルなんです。
叔母さんが、妹と伯母の孫の夏休みの自由研究にと連れてきてくれましたが、後半だったので自由研究は終わってましたが、大人が結構はしゃいでいました(特に私)。
       サンプルです2。
目移りしますが、これも全部食品サンプルです。
 こちらの会社さんは最初に食品サンプルを作った会社さんだそうで、サンプル作りの体験もできます。

       本物みたい!
母:「すごい!本物の餅みたい!」
と母がはしゃぐので、ためしに触ったところ本物の餅の感触でした。他にも食パンとかの感触があります。目だけでなく手触りまでリアリティーを追求する日本企業の職人魂に感動しました!
       
       おいしそう~2!
皆で食品サンプルの精巧さに感動しながら見学をし、気がつけばお昼ご飯の時間…。

       ランチ♪
目だけでなく、お腹にもご馳走させないと、ということで本物のおそばを食べてまいりました。

次回はこのあとからのお話を更新したいと思います。それでは!