福島の旅3‘07

 前回のつづきはこちからからどうぞ!。
さて、福島の旅行も泣いても笑っても最終日となりました。

 こちらの旅館に足湯があることを妹と発見して、朝ごはんの帰りに入ってきました。ぴんと張り詰めた冷たい空気の中で足元だけ暖かいのが気持ちよくてのんびり。

※写真をクリックすると大きくなります。
足湯☆


 さて、足も温まったところで旅館をチェックアウトして武家屋敷へ!!

※写真をクリックすると大きくなります。
武家屋敷

ようこそ我が家へ!!母が笑顔でお出迎え(大ウソ)

※写真をクリックすると大きくなります。
いらっしゃいませ。

我が家の女中です(大ウソ)。

※写真をクリックすると大きくなります。
ほぉ~。。。


こちらの武家屋敷、入った当初は小一時間くらいで見て回れる場所だと思いきや、

甘く見てました…。


広くて見て回るところが多くて大変!!この後、大慌てで回ったため写真撮る余裕なし。さすが松平なんとか(ここ、覚えとこうよ)のお屋敷、広いです。こちらのお金持ちは半端じゃないっす!

 続いて、有終の美を飾る最後に行ったのは福島の有名な会津磐梯山!

※写真をクリックすると大きくなります。
会津磐梯山♪


 祖母が『会津磐梯山は宝の山よぉ~♪』と歌っていたので、きっと昔はいろいろ採れたんでしょうね。
やはり福島まで来て、会津磐梯山を見ずに帰れないということで、車で行けるとこまでということで、ドライブ気分で山を登っていくと道の途中で何かを採っている人を発見!「何をしているんですか?」と聞いたら…

※写真をクリックすると大きくなります。
ふきのとう


ふきのとうを採ってます。」というので、沖縄生まれの私と妹は大興奮!!山菜なんて見たことないので車を止めて山菜採り!!
 写真の状態ではもう苦くて食べられないので、まだ蕾の状態じゃないといけないそうです。叔母と妹が見つけるのうまいうまい。

しばらく山菜採りをしたあと、車は会津磐梯山へ。行く途中にやはり積雪のため通行止め!という標識があったので。
今回はここまで!

 今回、私がしつこく旅館を出してますが、こちらの旅館ですね、サービスがすごくよかったんですよ!

・ウェルカムドリンクとこちらの温泉で蒸したジャガイモがいただける!
・80歳以上の方は親孝行プランで宿泊費5円(プラス入湯税150円なので155円)!
・朝食につき立てのお餅(きな粉・ゴマ・あんこ・おしること味が選べる)が食べ放題!


 最終日は母ともども朝ごはんよりも餅ばっか食べてました。あちらは米どころですし、水がきれいですから本当に何食べてもおいしかったんですよっ(私は何食べてもおいしいという人です)!!
若い子がお餅を見ても知らんぷりして行くほうがもったいないくらい(餅配っていたおばちゃんがグチってた)。特に個人的おススメはきな粉とゴマです。

今回は長々とこの駄文旅行話にお付き合いくださり、ありがとうございました!!

それでは
スポンサーサイト

福島の旅2 ‘07 

 前回のつづきはこちらからどうぞ。

 姫路城の別名は「白鷺城」といい、会津若松城は別名「鶴ヶ城」と言うと、叔母さんが教えてくれました。

※写真をクリックすると拡大できます。
会津若松城1


 しかも会津若松城は5階建ての資料館となっていて、城内は結構あっちこっち撮影禁止っぽいので撮影せず。

※写真をクリックすると拡大できます。
記念撮影☆


城内に入る前にあった福島名物・赤べこの前で記念撮影。左から祖母・叔母・母・妹となってます。
ちなみにこの赤べこに乗って撮影したい!ということで妹が乗ろうと試みましたが、「乗らないでください」としっかり張り紙がありましたので断念!

お城の閉館時間も迫ってきたので、最後にお庭だけでもっ!!

※写真をクリックすると拡大できます。
会津若松城の庭


※写真をクリックすると拡大できます。
お茶室


 二日目の観光終了!!
次回は福島旅行の最終日です。

福島の旅‘07

 先日書いた、福島旅行の2日目です。
読んでない方は前回のお話を見てから読んでくださいね。

※写真をクリックしますと拡大できます。
福島の車窓から


 上の写真は福島到着してすぐに行った野口英世記念館に行く途中に撮影した景色です。晴れてました。

そして2日目。

※写真をクリックしますと拡大できます。
雨の福島


 見事に雨です。しかも寒い(この日の福島の最高気温9℃)。
でもせっかく福島まで来たので観光しないと損です!!しかも前日旅館で叔母さんが持ってきた観光マップを見て大興奮!!

福島=喜多方ラーメンと会津若松城!!(あと桃と白虎隊)

という図式が私の頭の中で出来上がりました。今回の旅行で一番テンション低かった私のテンションが急上昇です!!素敵です福島うつくしま福島(しつこい)!!
気がつくと暗かった空も少しづつ太陽が出てきて晴れ間が出てきました。

 色気よりも食い気の私(ほっといて)をよそに喜多方蔵の里を見学しにいこうと車は走ります。
宿泊していた旅館から車を走らせること小一時間。喜多方蔵の里に到着しましたが。。。

※写真をクリックしますと拡大できます。
休館日でした。


休館日でした。

 しかたないので他のところも回ったのですが、どうやら喜多方地方の博物館及び、美術館は金曜日が定休日のようでどこも見れずじまい。
沖縄とか名古屋は月・火曜日がお休みなのでそれが普通だと思ってたんですが、地方によって違うんですね(=ω=;)

 あきらめ半分で甲斐本家へ。
 こちらは製糸等で成功を収めたすんごい方の座敷だそうです。ちゃんと調べて行ったらもっと説明できるのですが。。。とにかく広くて

※写真をクリックしますと拡大できます。
甲斐本家

 
これが奥座敷だそうです。

※写真をクリックしますと拡大できます。
甲斐本家の庭

 
 お庭。。。我が家が何個入るの???

※写真をクリックしますと拡大できます。
らせん階段


 当時珍しかった、らせん階段。屋敷をでたあとのお土産屋さんにありました。この階段は一本の木からできていて、上から吊るしてあるそうです。すごい技術ですよね…。
この階段の上は普通の住宅なので上ることはできません。あしからず。

※写真をクリックしますと拡大できます。
甲斐本家の庭2


[おまけ]
 甲斐本家の子孫の今の自宅のお庭。立ち入り禁止。。。

 さて、続きまして、あの有名な飯盛山の白虎隊記念館へ。。。

じつはここ結構急斜面にありまして、楽に上れるエスカレーターがあるんですが、私は自分の足で立ったまま登らず急斜面で上に行く乗り物が苦手ということに気がつきました。
 露骨にフリーズする私におもしろがる家族!祖父なんぞは笑って写真とってたし…。怖さゆえに写真がありません。

 そしてのんびりと帰りは下り坂を降りて行くと、さざえ堂という不思議な建物へ。。。

※写真をクリックしますと拡大できます。
さざえ堂


 こちらのさざえ堂の中は遺伝子配列のようにらせん状になっていて入口と出口が違うのです。だからお堂の中で登りの人と降りの人がすれ違うことがないのです。

ここも写真がないのは、この、さざえ堂も急斜面を登って下るという。高所恐怖症な私に大変な試練のためです。
お堂の中では祖父・妹・私の三人で入りましたが、祖母・母・叔母はのんびり休憩して、お堂の中で叫ぶ私の声を聞いて笑っていたようです。
覚えてなさいよ

さて、いよいよ私が楽しみにしていた会津若松城へ!!

※大変長くなりまして、申し訳ございません。まだまだ続きます。

お久しぶりです!

 皆様、お久しぶりです。少々仕事が立て込んでおりまして更新ができませんですいませんでした。

 去る3月29日から4月1日。もう2週間前のことなんですが、久しぶりに母と妹と旅行してまいりました。

 那覇空港から羽田空港に降りて、東京モノレールを乗り継ぎ東京駅(ここから合流して母の両親(私にとっては祖父母)と母の妹(叔母さん)と一緒に)から新幹線で小一時間ほどで到着したのは…

※写真をクリックすると大きく拡大できます。
郡山駅



郡山駅!!(=福島県)

 ここからレンタカーを借りて楽しい旅行の始まりです。

※写真をクリックすると大きく拡大できます。
母が運転中。。。


 今の世の中、便利ですねぇ…。カーナビで行きたいところを設定すると知らないところでもスイスイ行けるし、寄りたいとこも寄れるし

※写真をクリックすると大きく拡大できます。
トンネルがっ!DVC00095.jpg

 白鳥が飛来するらしく、こんなかわいいトンネルが私達をお迎えしてくれました。

 実は、私今回の旅行はあまり乗り気でなかったため、何も下調べせずに行ったんですよ。そしたらこんな立派な人の生まれた県だったんですねぇ。
ちなみにここは彼の生家だそうです。(写真がないのは、私のデジカメとして使っている携帯電話の電池が切れかけたからです。すいません)
実際にやけどした囲炉裏とか、彼に関する資料がたくさんありました。お札になった人ですものねえ。

 次に行ったのは道の向かいにある『地ビール』館。ここはたくさん素敵なガラスやらお土産品がありました。

 そこで思わず私と妹は買い食いをしました(あとで祖父もしてたけど)。妹は食が細いので夕方からのつまみ食いは注意されますが、私は注意された記憶がない件については、省かせていただきます。

※写真をクリックすると大きく拡大できます。
ビール味


 私が食べたのは、ここの地ビールで作ったビールソフトクリーム(ノンアルコール)です。
 ビールの苦味がさっぱりして大人のソフトクリームでした!

※写真をクリックすると大きく拡大できます。
ピーチ味


 そして、妹が食べたのは福島名物(これも福島に着いてから知りました)桃のソフトクリームです。ほんのり桃色で桃の香りと甘さがいい塩梅でした。
 
 祖父が食べていたのはクレソンという野菜のソフトクリーム。写真がないのはすでに祖父のお腹に収まっていたので…。味はなかなかスパイシーでこれもさっぱり大人の味でした。

 ちなみに、この日(3月29日)は福島の最高気温11℃くらい。沖縄は25℃という寒暖の差!!
※ソフトクリームの写真を撮った瞬間、電池は完全に切れました。
 
そして、いよいよ楽しみのホテルへ!!

 ※このあと、写真がたくさんあるので明日か来週に続きをアップします!!どうぞご期待ください!!それでは!